読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【嶺方峠】三連休の使い道 宿泊編

なんだこれは…

気づいたら息を切らしながらカレーパンを食べていた。

IMG_4296

 

…記憶を遡ろう。今日は朝5時に起き、荷物をアピデュラのバッグに詰め込んだ。荷物は着替えのジャージ、デバイスの充電用ケーブル、輪行袋、それと旅のお供に文庫本。カメラはサコッシュに入れて肩から下がた。いざ東京駅へ!

…行きませんでした (›´ω`‹ ) まずは自走で武蔵五日市駅へ。私は都内のサイクリングサークルに所属していて、今週はシーズンインという事で都民の森コースでヒルクライムの練習があったのでした。

重い荷物(自重の3%超)をサドルに付けていざ西へ。東京駅が遠ざかる。道中、FELTにまたがる見慣れたローディ。同じサークルのOさんです。私はOさんよりも若いので、ここは若者らしく元気よく前を牽きましょう( ˘ω˘)

 

練習が始まる前に脚を使いきった。゚(゚´ω`゚)゚。さらに、その日集まったメンツはタイムを1時間切る豪脚揃い。なんという虎の門。これまでの私のベストは1時間7分だぞ…ゴクリ…

みごと玉砕。こうしてカレーパンで「下りのため」にエネルギーを補給していたのです_:(´ཀ`」∠):_

  

さて、練習も終わり。武蔵五日市駅から一路、東京駅へ。冒険の始まりです。

IMG_4297

IMG_2255

その後は本日の宿泊地である松代を目指す。松代の最寄駅は篠ノ井駅のようだけど、新幹線で長野駅まで行ってしまうと乗換えで時間がかかる。ほとんど一本道だし、今回は長野駅で下車、自走で松代へ移動する。

IMG_2256

今回のゲストハウスは松代ゲストハウス 布袋屋さん。予約時に自転車を持ち込んでもいいかは確認済み。今回は写真のように装備を付けたまま土間に入れさせていただいた。経験上、WEBに駐輪スペースの記載がなくても対応してもらえる場合がある。こういうやり取りを事前にしておくことでスムーズにチェックインできるし、オーナーと良い関係がつくれたらリピート訪問もしやすくなるってもんです。 

IMG_4298

IMG_4299

IMG_2262

事前に浴室はシャワーしかない事を確認していましたが、オーナーさんの紹介で松代荘という温泉へ。しかも送迎サービス付き。これは嬉しい誤算。ご好意に甘えます( ^ω^)

www.matusirosou.com

はじめて松代の温泉に入りましたが、鉄分が多く、湯が茶色です。酸化鉄の色かな?手ですくって香りを嗅いでみる。

 

…( ‘ᾥ’ )くせえ

 

これはアレだ。鼻血。鼻血出した時の匂いだ。温泉自体はぬるすぎず熱すぎず。でも、のぼせて本当に鼻血が出ても困るので早々に上がります。

その後はゲストハウスに戻り、他のゲストと歓談。家族旅行中の方、バイク旅行の方、etc…。私は自転車旅行でゲストハウスをよく利用します。その理由は、気が合えばこうやって他の旅行者と土地の話や趣味の話を交換できて、次の旅の参考にできるからです。また気が合わなそうだなと思えば、さっさと寝てしまう自由も許されるところが好き。その夜はたまたま同席された方と、カメラとモータースポーツの話題で盛り上がり、気づけば深夜の1時まで話していました。

 

いよいよ明日は嶺方峠。どんな景色が待ってるか。

期待を込めて床に就きます。