読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016富士ヒル 本番編 その1(エントリー)

 

1. 本番編 その前に

f:id:crossbite:20170317082700j:image

試走→番外ときたら最後は本番編、と言うのは想像に容易いことでしょう…

 

忘れてたよね。うん、綺麗さっぱり( ˘ω˘) もう2017のエントリーも済ませちゃったよ。だもんで一年前を思い出しながら少しずつ書き足します。

 

エントリー峠

どのイベントに参加するにもエントリーは必要です。エントリーの方法はイベントによって様々でしょうけど、だいたいが先着順か抽選です。人気イベントはエントリー開始から数分で枠が埋まりますし、近年のサイクリングブームで競争はさらに激化。インターネット申し込みではサーバーに負荷が掛かり、まずは入力フォームに繋がるかどうかの運が試されます。そのエントリー時点で振い落とされる様を誰が呼んだか「エントリー峠」。上手いこと言う人はいるものですね。先着順ではアルプスあづみのセンチュリーライド、抽選ではツール・ド・東北がエントリー峠の最高峰という認識ですが、最近は両方ともイベント時期を分けたり、抽選から先着順に変更したりと参加者の固定化を避けようとしている動きが見られます。個人的には抽選式は外れた時にモチベーションが下がるし、結果発表まで週末の予定が決められないのであまり好きではないです。

 

閑話休題

 

富士ヒルのエントリーは?

富士ヒルは毎年、FUNRiDEが3月の第1週目にエントリーを開始します。参加者は社会人が多いので20時開始というのは助かります。しかし、こちらも参加枠が多いとはいえ屈指のエントリー峠。3日ほどで枠が埋まるようです。ようです、というのは実は私、FUNRiDEからエントリーした事がありません。

実は富士ヒルにはもう一つエントリーの方法があるのです。それが『富士急プラン』。毎年3月末頃から募集開始。新宿発の特急乗車券+エントリー権(+宿泊プランも!)がある程度確保されています。その頃にはエントリー熱も下火となっているため、競争もそこまでではありません。ツアーとなるので他の参加者と行動を一緒にしなければなりませんが、単独で出場するならお勧めします。

第14回 Mt.富士ヒルクライム大会アクセスツアーは3月17日(金)13:00から受付開始いたします。 | 富士急トラベル

↑こちらは2017年のプランです。

 

そんなわけで『富士急プラン』で出場してきました。次回いよいよレース編!?