読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

510Jはオワコンなのか? その1

自転車

f:id:crossbite:20170222170711j:image

GARMINの調子がすこぶる悪い。購入は2015年の2月なので故障の一つくらい当然かもしれませんが、問題がソフトウェアにあるかも?となると話は別でしょう。

 

私はGARMIN EDGE 510Jを使用しています。最近は同価格帯だと520Jを所有している人も増えてきましたが、機能的には510Jはまだまだ現役で使える機種だと思います。

一方で、そのユーザーエクスペリエンスの酷さには定評があります。PCから端末設定できない点やソフトウェアの不具合、旧規格のマイクロUSBなどは多くのユーザーを煩わせていることでしょう。私が今回レポートしていきたいのはソフトウェアの不具合についてです。

 

原因は不明ですが、頻発するようになったのはファームウエア バージョン 4.30からです。2016年富士ヒルの物販ブースで販売代理店の方に尋ねたことがあるので、2016年の初めごろには問題が起きてたかもしれません。代表的な問題は以下の3つです。

 

  • 電源を点けたら覚えのないアクティビティが追加されている。
  • トレーニングページの構成が勝手に変わる。
  • km/h表示がmile/h表示に勝手に変わる。

 

この現象が起きてるのって私だけでしょうか?「アクティビティの追加される」のはともかくとして「トレーニングページが変わる」のはその日のライドに影響を受けますし、「速度表示が変わる」のも地味に辛いです。

 

『じゃあファームウエアをアップデートすればいいんじゃないの?』その通り。現在のバージョンは6だったかと思います。しかし、それができないのです。

 

これは2017年になっても510Jを愛用するためのお話です。

 

(続く)